著作権について考えよう

HOME » 起業ロゴ » 著作権について考えよう

著作権について考えよう

起業をしてロゴを作成する際、最も気をつけておきたいのが著作権です。
著作権の所在が有耶無耶になってしまうと、ある日突然訴えられる恐れがあります。
著作権についてしっかり理解した上で、ロゴを作成しましょう。

著作権・著作物とは、感情を創作的に表現した芸術品・文芸品・音楽などです。
例えば「あいうえお」とパソコンで入力をしても、ただの文字の羅列になり著作物にはなりません。
だから会社の名前をロゴとしてデザインする場合、著作物として認められない場合があります。
もちろん著作物として、ロゴそのものが認められることもあります。
ロゴが著作物として取り扱われた場合、ロゴを使用するだけで法律違反とみなされて著作者側から使用の差し止めを請求される恐れがあります。
起業した時に作ったロゴの著作権がどうなっているのか、今一度しっかり確認して下さい。

「自分達で作ったロゴは大丈夫」と確たる自信を持っている方は多いとおもいますが、実際に裁判沙汰にまでなったケースがあります。
ある会社では、ひょうたんがモチーフとなったロゴを作成しました。
しかし会社がひょうたんのロゴを作る前に、既にひょうたんのロゴを作っている会社がありました。
見た目も、似たようなデザインです。
裁判の結果は、「著作権違法」です。
モチーフに使われているひょうたんの形・葉の形・線の色・太さが共通していることが理由です。
一方で似たようなデザインのロゴになっても、著作権違法と認められなかった事例もあります。
ただ違法になってもならなくても、ロゴを巡る裁判ほど厄介なものはありません。
著作権には十分に注意して下さい。

ではロゴの作成をプロのデザイナーに依頼した場合、ロゴの著作権はどうなるのでしょうか。
著作権の譲渡がない限り、ロゴはデザインしたデザイナーのものです。
発注したクライアントに、著作権はありません。
もし作成したロゴの著作権を自分達で所有したいのなら、デザイン作成時に著作権についてしっかり打ち合わせをするしかありません。

著作権の取扱を自己判断で処理をするのは、非常に危険です。
素人判断で問題ないと判断しても、場合によっては法律で裁かれてしまう恐れがあるからです。
世の中に溢れているロゴには全て、著作権があるとおもってもらっても構いません。
デザイナーにロゴ作成を依頼する際には、書面で著作権譲渡を受けておいて下さい。
ロゴは会社の顔になるからこそ、取扱には最新の注意が必要なのです。