ロゴの活用

HOME » 起業ロゴ » ロゴの活用

ロゴの活用

ロゴは、色んな場面で活用されます。
真っ先に思い浮かぶのが会社の看板でしょうが、ロゴが活用されるのは看板だけではありません。
そこで起業をする際に把握しておきたい、ロゴの活用について取り上げます。

ロゴは、会社に関わる全てのものに使われます。
真っ先に思い浮かぶのが、自社製品でしょう。
自社製品にロゴを使用していない会社を探す方が逆に難しいほど、何処の会社も自社製品にロゴを使っています。
ロゴは「この商品は自社で作り上げたものです」という、証明書になります。
さらに、商品のクオリティを保証するものとしても使われます。
「大袈裟な話だ」と感じる方もいらっしゃるでしょうが、知らない間にお世話になっているはずです。
例えば贔屓にしているブランドがあれば、ブランドのロゴが入っているだけで購入するかとおもいます。
ブランドのロゴが入っていることにより、品質に絶対的な信頼感を寄せている証拠です。

ロゴは自社製品だけではありません。
会社内で使われるアイテムにも、活用されます。
最もわかりやすい例を挙げるとすれば、社員証でしょう。
「会社による」と言われるとそれまでですが、多くの会社では社員証に会社のロゴが使われているはずです。
社員証は、その会社で働いていることを証明するために用いられるものです。
仕事の意欲も高まり、大きな利益を生み出してくれます。
他にも、ボールペン・ファイル・会社用の書類・名刺・ハンコにもロゴは活用されます。
会社の至る所でロゴが使われると、取引先からも会社を覚えてくれる嬉しい効果が期待できます。

ノベルティグッズにロゴを入れて、営業活動をしている会社もあります。
営業先にロゴが入ったノベルティグッズを配れば、宣伝効果は絶大です。
また最近は会社のウェブページやSNSでも、ロゴが活用されるようになりました。
SNSのアイコンがロゴになっていると、何処の会社かすぐにわかります。
起業を行う際、ウェブページを作成するのは当たり前になってきました。
ウェブページにロゴがなければ、会社としての信用を失いかねません。

今回紹介したロゴの活用は、ほんの一部です。
他にもロゴの活用方法は、まだまだたくさんあります。
アイデア次第によっては大きな宣伝となり、利益が10倍・100倍に増えるかもしれません。
ただし利益を生み出すには、クオリティが高いロゴであることが大前提です。
クオリティが高いロゴを生み出すためにも、プロのデザイナーにロゴ制作を依頼して下さい。