37.5 - 起業とロゴ作成

起業をしたらロゴを作ろう

起業をしたら行うべきは、山のようにあります。
顧客開拓・事業計画を立てる・資金を確保する、そしてロゴを制作することです。
「ロゴは後回しでも良いだろう」という声もあるでしょうが、後回しにしてしまうとロゴなしの状態になります。
ロゴがない状態で起業をすると、成功率は大幅に減るのは目に見えています。

▼ 目次

ロゴは会社のイメージになる

「ロゴぐらいわかっている」という声もあるでしょうが、ロゴについて具体的に説明できる人は意外と少ないかとおもいます。
ロゴとは会社のマークで、一目見ただけで何の会社か分かるようになっているものです。
ロゴは会社の顔であり、会社が存在している限り使い続けるマークです。
つまり会社が100年経っても存在しているのなら、100年後も使えるマークであることが絶対条件です。
途中で飽きたからと、ロゴを変えることは許されません。
大企業では年月によってロゴを変えている所もありますが、ロゴを変更するだけでも想像以上の労力と金額がかかります。
ロゴで使われているデザインは色々ですが、100年先も使うことを考えるとシンプルなものが無難と言えるでしょう。
シンプルなロゴは顧客の記憶に残り、起業を成功へ導いてくれる大きな礎となってくれます。

ロゴのメリットは、会社を覚えてくれるだけではありません。
会社そのものをイメージするメリットもあります。
そもそも顧客に会社を覚えてくれるために奔走するのなら、ロゴを作るよりも起業してからすぐ営業に赴いた方が確実です。
1日10件・100件と得意先を回れば、会社名を覚えてくれるでしょう。
でも会社名を覚えてくれたとしても、何を取り扱っているのかハッキリしません。
そこでロゴの登場です。
顧客はロゴを見て、「◯◯を扱っている会社だ」とすぐに思い出してくれます。

良い例が、リンゴのマークでお馴染みのアメリカの超有名コンピューターメーカーです。
リンゴのマークを一目見ただけで、コンピューターや携帯電話をすぐに想像するかとおもいます。
しかもオシャレで洗練されているというイメージもあり、顧客は安心してリンゴマークの製品を購入するという訳です。
またロゴを起業した時に制作することにより、他の会社との差別化を計ることも可能です。
オリジナルの事業を展開したいと強くおもうのなら、ロゴの存在を無視することは不可能です。

ロゴのデザインの仕方

ではロゴは、どうやって作り出されるのでしょうか。
こればかりは担当するデザイナーにもよりますが、大まかな流れは同じかとおもいます。
ラーメン屋を起業したとして、話を進めましょう。

まずデザイナーは、好みのデザインやロゴの大まかな形・ロゴを作成するにあたり参考になる資料があるかどうかを質問します。
デザイナーによっては事細かい所まで質問する人もいますが、好みのデザインやロゴの大まかな形を伝えるだけでも構いません。
ある程度聞き取りが終わったら鉛筆で軽くラフスケッチを取り、ロゴをデザインします。
ロゴの形が整ったらパソコン等で綺麗に整え、取りあえずは完成です。
後はロゴがどういう形で使われるのかも想定して、デザインを修正します。
ラーメン屋ならば看板や暖簾だけでなく、ラーメン鉢やレンゲにも使われるでしょう。
従業員の制服や名札にも、使われる可能性は十分にあります。
ラーメン鉢や従業員の制服につかっても違和感がないように、デザイナーはロゴを作り上げます。

ロゴは自分で作れる

ロゴはプロのデザイナーに頼まず、自分達で作ることもできます。
しかし素人の手ではどうしようもなく、素人臭さがどうしても出てしまいます。
素人くさいロゴを掲げてしまうと、「この会社に頼んで本当に大丈夫かどうか」と不安を植え付けてしまうのがオチです。

大企業では、多額のお金をかけてロゴを制作しています。
凄い所になると、1億円近くかけてロゴを作っています。
ロゴ制作に1億円もかける理由は、ロゴは会社に1億円以上の利益をもたらしてくれることを知っているからです。
ちなみに1億円近くかけてロゴを作った会社は現在、世界で知らない人はいないほどの超有名な会社です。

起業 ロゴデザイン を考えている方へ

ロゴは気軽に依頼できるようになった

起業をしてロゴを制作するのなら、プロのデザイナーに頼むのが確実です。
1億円の大金をかけずとも、最近はリーズナブルな価格で承ってくれるデザイン事務所も増えてきました。
デザイン事務所のウェブページを見てみると、これまで手がけてきたロゴを閲覧することができます。
過去の作品からデザイナーが得意としている分野や、作風もわかるでしょう。
もし好みの作風を生み出しているデザイナーを見つけたら、問い合わせるだけでもしてみては如何でしょうか。
どういう形でロゴを作るにしても、まずは動くことが重要です。

起業をしたら、やるべきことは山のようにあります。
あまりの忙しさに、ロゴ制作が後回しになっている起業家も多いとおもいます。
でもロゴが持つ効力が分かれば、今すぐにでもロゴ制作に取り掛かるべきです。
ロゴは、起業を成功へと導いてくれる大きな道標となってくれるでしょう。